おしらせ

・佐々木誠作品が小学館『日本美術全集』に掲載されました


今月の展示
羽黒洞
Next Exhibition
-
それでも"青い鳥"を探しに-展
平澤重信・潘 星道・中嶋 修・西川芳孝
2016年6月20日(月)〜6月30日(木)
日曜休廊
11:00-18:30

この度、"鳥"をテーマに4名の個性的な先生方によるグループ展を開催いたします。
空を自由に飛ぶ"鳥"は、昔から縁起のいい題材として、多くの画家に描かれてきました。
今回は、「四季の鳥」と銘打つ4作家共作の画帳をはじめ、日本画、墨絵、油彩、水彩、テンペラ等、
各先生方の多彩な技法、センスが駆使され、縁起のいい鳥たちが、おおらかに、颯爽と会場を舞い飛ぶことでしょう。

木村品子(羽黒洞主人)




メーテルリンクの"青い鳥"は幸せの象徴。
主人公のチルチルとミチルは様々な場所でそれを探しますが、結局は見つかりません。
しかし、長い旅から戻った部屋の鳥は青かった。幸せは身近にあるが、人間はなかなかそれに気付かない。
気付くためには、ちょっとした冒険が必要です。画家が絵を描くことも一つの冒険。
本展は世代も手法も異なる4名の画家が、画帳「四季の鳥」の共作をはじめ、多方面に"青い鳥"を追いかけます。


藤田一人(美術ジャーナリスト)



天神下 はぐろ洞
-天神下 はぐろ洞では今月の展示はありません
M E N U

Top
おしらせ
過去の展示

天神下 はぐろ洞
作家紹介
書籍販売
Link
Info
Mail

木村東介について
(1)
(2)(3)
(4)